音楽雑誌「MUSICA(ムジカ)」

2015年8月号 Vol.100

定期購読のお申し込み
【MUSICA2015年7月号】:Mr.Children『REFLECTION』メンバー全員インタヴュー/降谷建志/[Alexandros]全曲解説/Ken Yokoyama/BRAHMAN/indigo la End/ゲスの極み乙女。…etc.
  雑誌版 電子書籍
価格 690円(税込) 540円(税込)
在庫 在庫あり 在庫あり
発売 2015/7 2015/8/15より配信中
雑誌コード 08521-08 ---

サカナクション、いよいよ本格再始動! 混沌を抜け次なる航海へと乗り出した山口一郎、その新しき世界と未来を一気に独白

初のオーガナイズイベント「NIGHT FISHING」、初のカップリング&リミックス集のリリース、映画主題歌の新曲“新宝島”、そして秋にはツアーもスタート――半年を越える潜伏期を終え、サカナクションが本格再始動! 長きにわたる混沌を越え、新たな世界へと飛び出さんとするサカナクションの今と未来を山口一郎が一挙独白。久しぶりの超ロングインタヴューでそのヴィジョンが明らかに! さらに「NIGHT FISHING」のレポートも!

MUSICA 100号記念連載企画:音楽の今と未来を考えるVOL.1

サブスクリプション型配信サービスの本格上陸やライヴ主義の加速化など、音楽を取り巻く環境が激しく変化していこうとしている今だからこそ、音楽という表現・カルチャーの在り方と本質を考えたい――連載企画第1回

KANA-BOON、『TIME』以降の確かな自信と新たな挑戦の始まり

相も変わらず猛スピードで駆け抜け続ける彼らからニューシングル『ダイバー』が到着。実質的に『TIME』以降のKANA-BOONを表す第一弾となる本作を前に、久々の谷口鮪単独インタヴューで深くその変化を話し合う

キュウソネコカミ、己の武器をビルドアップした痛快な初SG!

アンチシングル派のキュウソが遂に初のシングル『MEGA SHAKE IT !/ハッピーポンコツ』をリリース! 自身のストロングポイントを鮮やかに更新する激烈に痛快な楽曲を誕生させた5人が、その苦闘と確信をワイワイ語る

SHISHAMO、まだ誰もSHISHAMOの本当の姿は知らないと語る真意

夏フェスシーズン真っ盛りにリリースするシングル『熱帯夜』は、昨年同時期に発表し代表曲となった“君と夏フェス”とは真逆な、超メロウなラヴソング。加速する状況の裏で葛藤を抱えつつ音楽に向かう宮崎の本音

東京スカパラダイスオーケストラ feat.尾崎世界観(クリープハイプ)、レコーディング現場に独占密着! 

7月29日発売の『爆音ラブソング/めくったオレンジ』は、スカパラ加藤のクリープハイプへの「恋」に端を発した相思相愛コラボ。レコーディング現場に独占密着し、その一部始終を濃密レポート&インタヴューでお届け

the telephones、休止前ラストにしてエッジと本質が迸る会心作『Bye Bye Hello』

音楽的な実験精神もセンチメンタリズムも、彼らが内に宿す本質が鮮やかに結実した『Bye Bye Hello』。活動休止前のラストアルバムでありながら、未来への扉を明確に開いたこの傑作をメンバー全員で語り尽くす

Base Ball Bear、3ヶ月連続エクストリーム・シングルに込めた信念と闘志

「シリーズ“三十一”」と題した3ヶ月連続で「エクストリーム・シングル」たる作品リリースを決定したBBB。音楽の在り方と捉えられ方が変化する今だからこそ「バンド」の本質を見つめ直す小出祐介の真意と野心を掘る

flumpool、初の単独野外ライヴも控える今、決意の発露たるサマーソング完成

8月5日にニューシングル『夏よ止めないで ~You’re Romantic~』を発表するflupmool。デビューから5年を越え、自分達のこれまでとこれからをシビアに見つめたが故の決意とポップスの意義を、山村隆太が覚悟と共に語る。

BLUE ENCOUNT、もがき闘い続けるバンドが摑み獲ったひとつの答え

ひとつ壁を越えてはまた新たな壁に立ち向かい、遮二無二闘い続けるBLUE ENCOUNTが、その果てに掴み獲ったファーストフルアルバム『≒』。後悔も弱さも呑み込みながら「あなた」へと歌う田邊の心髄に迫る

plenty、さらなる音楽の高みと深遠に手をかけた、大絶頂の名曲シングル

留まることを知らないplentyの進化と覚醒が結実した大名曲シングル『よい朝を、いとしいひと / さよならより、優しいことば』。愛と自尊心をテーマにさらなる音楽の高みに進む江沼郁弥、その宇宙を興奮と共に語る

パスピエ、大胡田なつきの特異なる表現の源泉と不可思議なカルマとは

成田ハネダを主軸とする高度にして緻密なソングライティング同様、パスピエをパスピエたらしめるための不可欠な存在である大胡田なつき。幼い頃から培われた一種独特な表現の原風景とカルマにディープに迫る

北園みなみ、ポップミュージックの新たな理想郷を生み出す奇才に迫る

宅録音源がネット上で熱烈な支持と評価を呼び、昨年リリースしたミニアルバム『promenade』で早くもその巨大な才能を露にした北園みなみ。新たなミニアルバム『lumiere』を機に、その音楽観にじっくり迫る

LILI LIMIT、心の奥底を投射する次なるJ-ROCKの本命バンドの核心に初接触!

既にバンドシーンの新たな大本命として話題沸騰中のLILI LIMITが、ファーストミニアルバム『Etudes』をリリース。生きることと孤独な心のすべてを投射するヴォーカリストにして作詞家Makinoの表現の源泉を探り出す

Mrs.GREEN APPLE、煌めくポップネスに乗せ世界の混沌を解き明かす確信犯

メジャーデビューミニアルバム『Variety』をリリースしたバンドポップの超新星Mrs.GREEN APPLE。鮮やかなポップネスに乗せて闇も混沌も内包した世界の在り様を歌う、未だ19歳にしてバンドの核を担う大森元貴の真意

Suchmos、素晴らしきアウトサイダー・ポップが射抜く次のど真ん中

新たな気運と活況を見せるインディーシーンの一角にして、早くも濃い音楽愛を抱くリスナーから熱烈な注目を集めるSuchmos。アシッドジャズやソウルをベースに圧倒的な歌を聴かせる、そのメカニズムと野心を解く

ドラマチックアラスカ、変化の渦中に作り上げた新作で見せた決意と証明

前メンバーの脱退と新体制への移行、その激しい変化の渦中に作り上げられたミニアルバム『アンカレッジ・シティー・ポップ』。危機感を抱きながらも新作に込めた決意と覚悟とは。新たなスタートを切った裸の心境に迫る

FOUR GET ME A NOTS、その根幹にあるメロディックパンクに懸ける想い

「フォゲミの第一章は完結した」と言い切ったベストアルバムからわずか4ヵ月でニューアルバムが完成。真っ新な気持ちで改めて確認した、自らが想い求める3ピースの無限の可能性とメロディックパンクへの熱き信念

Drop’s、本領発揮! ブルースロックバンドの真骨頂にして本性とは

より開かれたポップに視線を向けた前作までの流れから一転、バンドの原点たる重心の低いヘヴィなグルーヴとプリミティヴな衝動を滾らせたブルースロック・アルバムを作り上げたDrop’s。奔放な攻撃性に潜む本質とは

桐嶋ノドカ、混沌とした荒野に切なる祈りを響かせる、新たなディーヴァ

歌は生きる歓びであり、そして何より祈りである――己の無力さと闘いながらも世界の暗部から目を逸らさず、透明にして意志の強い歌を響かせる桐嶋ノドカ。生きることと歌うことが分ち難く結びつくシンガーの芯を解く

My Hair is Bad
ドミコ
DENIMS
空きっ腹に酒
sympathy
SPARK!!SOUND!!SHOW!!

<I LIVE U>

SATANIC CARNIVAL'15
LUNATIC FEST.
ネコフェス 2015
Shiggy Jr.
HAPPY
Keishi Tanaka
入江陽

また、いしわたり淳治、カジヒデキ、ART-SCHOOL、くるり、SCOOBIE DO、[Alexandros]、セカイイチ、SUPER BEAVER、8otto、サカナクション、a flood of circle、Wienners、ねごと、LITEら多くのミュージシャンや元力士・敷島といった各界の音楽ラヴァーも参加する大ヴォリュームのディスクレヴューも多数! 国民的マルチタレントの大泉洋や山口一郎(サカナクション)、川上洋平([Alexandros])、金井政人(BIGMAMA)、KANA-BOON、キュウソネコカミといった豪華連載陣によるコラムも大充実!!

<掲載アーティスト一覧>
サカナクション、KANA-BOON、キュウソネコカミ、SHISHAMO、東京スカパラダイスオーケストラ feat. 尾崎世界観(クリープハイプ)、the telephones、Base Ball Bear、flumpool、BLUE ENCOUNT、plenty、パスピエ、北園みなみ、LILI LIMIT、Mrs. GREEN APPLE、Suchmos、ドラマチックアラスカ、FOUR GET ME A NOTS、Drop's、桐嶋ノドカ、My Hair is Bad、ドミコ、DENIMS、空きっ腹に酒、sympathy、SPARK!!SOUND!!SHOW!!

掲載アーティスト一覧

サカナクション、KANA-BOON、キュウソネコカミ、SHISHAMO、東京スカパラダイスオーケストラ feat. 尾崎世界観(クリープハイプ)、the telephones、Base Ball Bear、flumpool、BLUE ENCOUNT、plenty、パスピエ、北園みなみ、LILI LIMIT、Mrs. GREEN APPLE、Suchmos、ドラマチックアラスカ、FOUR GET ME A NOTS、Drop's、桐嶋ノドカ、My Hair is Bad、ドミコ、DENIMS、空きっ腹に酒、sympathy、SPARK!!SOUND!!SHOW!!

連載執筆陣一覧

大泉洋、山口一郎【サカナクション】、川上洋平【[Alexandros](アレキサンドロス)】、金井政人【BIGMAMA】、KANA-BOON、キュウソネコカミ

雑誌を購入する

電子書籍を購入する

オンライン書店やサイトでも『MUSICA』をお求めいただけます。それぞれのオンライン書店によって在庫状況や受取・決済方法、ギフト梱包・ポイントサービスなどが異なります。お客様のスタイルに合った書店をお選びください。

現在、『MUSICA』をお取り扱いいただいているのは以下の書店です。それぞれのサイトの検索サービスに [MUSICA 雑誌] と入力して、商品をお探しください。

書店

全国の主要書店で販売しています。バックナンバーもお取り寄せできますので、お近くの書店に直接、お問い合わせください。

CDショップ

HMV、TOWER RECORDS、TSUTAYA(一部取扱店のみ)、新星堂など、全国の主要CDショップでも販売しています。(※その他のお取り扱いは、各店に直接お問い合わせください)

配信フォーマット

PDFベース(書店により異なります)

対応プラットフォーム

【PDFベース】書店により異なります

article

初めての電子書籍

電子書籍版は本誌インタヴュー&写真を全て掲載! スマホやタブレット端末でも読めてとっても便利!!

article

Diary&Column

最新号の記事を“チョイ見せ”!

みんなのtwitter

皆様からの『MUSICA』に関するご意見・ご感想をお待ちしております。(下のボタンよりツイート可能です)

MUSICAについてつぶやく!

Musica FaceBook公式ページ皆様からの「いいね!」や「コメント」をお待ちしております。